スターライトエクスプレス管理人の日常
 
スターライトエクスプレス管理人の日常の記録です。管理人の日々リアルタイム?に綴っていきます。
 


新しい順に表示

ロシアへGO!!

と言っても、スターライトの話ではありません。西野ジャパン話です。いよいよ、今夜から始まります。ロシアワールドカップ、日本は19日に対コロンビア戦がキックオフ。果たして、勝負の行方はいかに?


6月14日(木)22:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

31

皆さんこんばんは。スターライトです。本日、31歳になりました。巷では、三浦翔平と桐谷美玲の交際報道で騒いでいるところだと思います(三浦翔平も私と同じ6月3日生まれ)。果たして、この一年、どんな発展があるのでしょうか?31歳のスターライトも宜しくお願いします。


6月3日(日)23:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日常 | 管理

中国へGO!!

おはようございます。スターライトです。本日より、一泊二日で中国へ行ってきます。中国、本格的に散策するのは実に3年ぶりです。果たして、今回は、どんな中国になるのでしょうか?


3月14日(水)08:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 旅行 | 管理

平昌オリンピック2

平昌オリンピック1の続きです。

 今回のメダル第一号はモーグルの原大智選手。ちなみに、モーグル男子では初のメダルとなった。原選手、実はワールドカップの表彰台に登ったこともなく、悔しい思いを続けていました。また、中学の体育の成績は3。生まれも育ちもスキーとは無縁な東京都渋谷区(スキーは毎週末に父親に新潟に連れてってくれたそうです)。にも関わらずオリンピックのメダルを取れたことに、体育の成績が良くなかろうと、生まれた環境がどうであろうと、その気になればオリンピックでメダルが取れることも物語っていました。

 今回、日本中が騒いだジャンプの高梨沙羅選手。高梨選手、前回ソチ大会は、金候補と言われた中にも4位と、メダルすら取れずに終わってしまいました。しかし、高梨選手、人気が高く、CM等に出演。また、化粧でも一躍有名となり、最近では、ベンツに乗って高級時計を身に付け、高梨選手の祖父でさえも苦言を呈する程であった。それでもって、今年に入り、試合は不調と、バッシングも多かった(本人は「金メダル」を公言していましたが)。しかし、いざ平昌で練習するや、日々絶頂。本番では、暫定一位を叩き出し、その時点でメダル確定。高梨選手のメダルが確定した瞬間、チームメイトの伊藤有希選手と抱き合い、お互いを認め合っていること、また、伊藤選手が後輩の高梨選手のメダルを認めていること実感できました。尚、高梨選手、「自分だけのメダルじゃない」と、お世話になった方々への感謝の気持ちも語っていました。今回、高梨選手がメダルを取った時は、ベンツ、高級時計の件から、「高梨選手はメダルを取れない」人が多かったらしく、「おめでとう」よりも「ごめんね」の方が多かったみたいです。高梨選手、お疲れ様でした。北京では是非とも金メダルを持って帰ってきてください。

 今回、銅メダル以上に数々の伝説を残したカーリング女子。カーリング初のメダルになったことも伝説となったが、それ以上に、インターバルの「もぐもぐタイム」(ある意味ラフでした)、また、合い言葉の「そだねー」(流行語大賞になるのでは?の話も)と、試合以外でもイメージに残ることが多かった。なお、カーリング女子、芸能事務所からもお声が掛かっているほどで(CDデビューの話までもある)、カーリング女子のメンバーの人気、同時に、カーリングをしていなくても一躍有名になったのでは?とまで思ってしまいました。ちなみに、もぐもぐタイムで食べていた北見銘菓の「赤いサイロ」、あまりの人気に生産が追いつかなくなる話もあり、意外な?経済効果もあったと思いました。

 また、このほか、ノルデッィク複合では渡部暁人選手が、スノーボードでは平野歩夢選手が銀メダルを獲得しました。渡部選手、全試合終了後に骨折していたことを告白。骨折ぐらいでは棄権しない、渡部選手の「何が何でもオリンピックに出る」この強い意志も伝わってきました。また、外国人選手の活躍として、レデツカ選手(スキーとスノボー、両方で金メダルを獲得)、クルーゲル選手(最下位からの金メダル)等の活躍もありました。

 このほか、今回メダルは手にできなかったものの、葛西孝明選手(今回8度目の出場)、スマイルジャパン等の活躍もありました。特に、葛西選手は、海外選手からも、レジェンドと評され、「オリンピックに8度目の出場はすごい!」と言われていました(それでも、本人は早速北京に向けて頑張っていますが)。

 しかし、今回の平昌オリンピック、政治利用等、問題点も多くありました。特に陰の部分が明るみになったのはソチ以上だったかもしれません。また、競技では、ショートトラックが極端に多かったのでは?と思ってしまいました(決してショートトラックが嫌いなわけではありません)。北朝鮮選手の妨害行為(最初はただ単に転けたのでは?と思いました)、また、「4年後の北京オリンピックで見てろ」もショートトラックから。また、あれほどロシア(今回はOARで参加)のドーピング問題が大騒ぎとなった中での日本人選手のドーピング陽性反応(何かの間違いであって欲しいですが)、今大会ではないですが、昨年11月には、植松仁選手(長野五輪銅メダリスト)の逮捕等、残念な話が多くあった気がしました。

 今回の平昌オリンピック、問題も多数ありました。また、ここまで気象状況に悩まされた大会も無かったと思います。問題は残念でしたが、小平選手と李相花選手の絆等、感動できた場面も多々ありました。今回のオリンピック、素直に選手の皆様には「お疲れ様!」と言える大会でした。前回のソチ以上に盛り上がり、仲間の絆、感謝の心も伝わってきました。また、今回は、モーグルの原大智(だいち)選手とサッカーの原大智(たいち)選手、スケートの高木美帆選手と女優の高木美保さん、高木美穂さん、フィギュアの羽生(はにゅう)選手と将棋の羽生(はぶ)竜王と、名前が似ている人の話題も目立った大会でした。最後に、これから平昌パラリンピック、そして今年はロシアワールドカップ(ドーピング問題が出ないことを願うばかりである)、また夏は2020年にいよいよ東京オリンピック、そして冬季オリンピックは2022年の北京ですが、これらの大会でも日本人選手が活躍することを楽しみにしています。



3月9日(金)02:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

平昌オリンピック1

 皆さんこんばんは。スターライトです。平昌オリンピック、先日(2月25日)、何とか?閉幕しました(ソチ大会以上に色々な問題もありましたが…)。平昌オリンピック、日本中、いや世界中が盛り上がっていましたね(スターライトはtwitterで盛り上がっていました)。平昌、日本との時差は無いので、今回はリアルタイムでも見ることができました。ちなみに韓国での開催ではちょうど30年ぶりとなります(前回はソウルでの夏季大会。ちなみに私の上司はオリンピック観戦ツアーに参加し、生で見た方もいました)。

 今回、日本人選手は金メダル4個、銀メダル5個、銅メダル4個と前回のソチ大会を大きく上回るメダルを獲得、また、それを上回る感動がありました。

 まず、今回二連覇したフィギュアの羽生結弦選手。今回、直前に怪我をしたにも関わらず、それを感じさせないスケートでした。私を含め、多数の方々が感動したと思います。また、この日は将棋の世界では藤井聡太五段(当時)と羽生善治竜王の対局もありました(こちらは羽生竜王が敗退)。ちなみに、フィギュアの連覇は実に66年ぶりとのこと。尚、今回、銀メダルを取ったのは一緒に参加した宇野昌磨選手。宇野選手、羽生選手は「ワンコ」と言っており、お互いの絆を感じる場面も多々ありました。

 次いで、スケートの小平奈緒選手。小平選手、今回は日本人選手団の主将も努めており、「選手団主将=金メダルは取れない」というジンクスがありましたが、見事にそれを打ち破ってくれました!小平選手、今回の日本人選手団主将として、また本年1月に亡くした故住吉都選手の分も背負った滑りでした。特に、優勝後は、二位のライバルであり親友の李相花選手を抱き合い、励ます姿は、競技だけでなく、人間性も金メダルの器だと思えました(尚(「奈緒」ではなく尚)、小平選手は1000mでも銀メダル)。

 ちなみに、今大会は、パシュートとスピードスケートマススタートでも金メダル(どちらも女子)。パシュートは高木美帆選手、高木菜那選手、佐藤綾乃選手、菊池彩花選手が、マススタートは姉の菜那選手が金メダルを手にすることができました。因みに、菜那選手、「菜那もいるんだぞ」の思いでマススタートに挑み、見事初代女王に(本人は、ただの「高木美帆の姉」と思われたくないらしく、バンクーバーオリンピックの美帆選手のユニフォーム類を「燃やしてやろう」と思ったこともあったそうです)。ちなみに、今大会、高木姉妹の姉菜那選手は金メダル二個、妹の美帆選手は一大会で金銀銅のメダルを手にすることができ、今大会、まさに

高木姉妹のための大会!

と言っても過言ではないです(中学時代は姉妹でサッカーも大活躍)。尚、姉の菜那選手は、報奨金、ボーナスとの合計で6000万円支給、また、会社では「係長」に三階級特進。ここでもオリンピックフィーバーを感じてしまいました。

 また、金メダリスト以外も大いに輝いたこの大会。個人的には銀メダリストよりも銅メダリストの方がイメージに残りました。



3月9日(金)01:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | スポーツ | 管理

皆さんお久しぶりです。

皆さんこんにちは。スターライトです。中々日記を更新できずすみません。思えば一年以上更新していませんでした。今後とも、ブログ、サイトともに宜しくお願い致します。


3月2日(金)12:39 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日常 | 管理

はやぶさでGO!!

こんにちは。スターライトです。先日の「みずほでGO!!」も、無事に終了し、本日より、北海道へ行っています。北海道、実に半年ぶりです。果たして、どんな北海道になるのでしょうか?また、どんな雪景色が見られるでしょうか?


2月11日(土)13:43 | トラックバック(0) | コメント(0) | 旅行 | 管理

みずほでGO!!

 皆さんこん○○は。スターライトです。昨日から連休です。本日は、福岡へ行ってきます。九州、実に1年2ヶ月ぶりです。どんな福岡になるのでしょうか?





2月8日(水)03:55 | トラックバック(0) | コメント(0) | 旅行 | 管理

2017年突入!

 こんばんは。報告遅くなり申し訳ございません。皆さん明けましておめでとうございました。スターライトです。昨年はありがとうございました。昨年はリオデジャネイロオリンピックの感動をはじめ色々なことがありました。その反面で、暗い話題も多かった気もします。果たして、2017年はどんな1年になるのでしょうか?また、30代に突入するスターライトはどんな変貌を遂げるのでしょうか?最後に、今年も引き続きスターライトをよろしくお願いします。


1月1日(日)22:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日常 | 管理

SMAP

 皆さんこんにちは。スターライトです。SMAP、知らない人はいないといっても過言ではない国民的アイドルです。しかし、この国民的アイドルも本日をもって解散が報じられた。SMAPの解散、これまで何度か話があったが、ついに現実となってしまいました。私もSMAPの解散について考えてみました。

 SMAP、前身はスケートボーイズ。現TOKIOの国分太一もメンバーだった。1988年にこのスケートボーイズから6人を抜擢。メンバーは皆さんもご存知のリーダー中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、そして96年にオートレーサーの道を歩むためにメンバーから脱退した森且行の6名が抜擢。ちなみに最年少の香取は当時小学生、最年長の中居、木村(この二人は同い年)でも10代だった。スケートボーイズの発展型?となったSMAP、メンバー名は「Sports Music Assemble People」の頭文字から命名。1991年にはCDデビュー。SMAP、今では普通に歌手と思われてもおかしくないグループでもある(紅白歌合戦には通算23回出場)。デビューシングルは「Can‘t Stop!! -LOVING-」。意外にも、ジャニーズでは珍しくデビューシングルでオリコンチャート1位とはならず、いきなり苦戦?からのスタートとなった(チャゲアスの「SAY YES」のヒットの時期とも重なったこともあるが…)。早速この年の紅白歌合戦にこの曲を披露(ちなみに対戦相手は現在では木村の妻である工藤静香)。その後も、オリコンチャート1位は意外にもなかなか届かず、「Hey Hey おおきに毎度あり」で初のオリコンチャート1位に。その後も、今日でも通用するヒット曲を連発し、2003年には、「世界で一つだけの花」でオリコンチャート年間第1位(現在では21世紀に発売したCDシングルでは唯一のトリプルミリオン)、紅白では白組の大トリ、そしてその年の紅白の最終判定では15-0と、白組が完全勝利したことも記憶にある人もいるかと思います(ちなみにこの年ははなわテツトモも出場)。ちなみに「世界に一つだけの花」、元々はアルバム曲だったものを、シングルCDとして発売した経緯がある。その後もほぼ常連で、2006年の紅白で歌った「ありがとう」は10年経った本年、TBSがリオデジャネイロオリンピックのテーマソングとして起用するなど、「10年前のSMAPの曲は今日でも通用する」ことを証明している姿だと感じた(まさかこれがSMAPの最後の明るい話題になるとはこの時は思わなかった)。また、おと松くん(森含む6人)、慎吾ママ、ハットリくん、両さん(いずれも香取)、など、特に香取なんかは、SMAPから独立してもやっていけるのでは?とまで思っている人もいるであろう。また、「Drink! Smap!」なんていうジュースもありました。歌手以外でも活躍しており、ドラマでは、木村主演の「ビューティフルライフ」、「HERO」では、高視聴率を記録(さらにどちらの主題歌もミリオンヒット)。中居は「味いちもんめ」など(主題歌は大黒摩季の代名詞も起用)、ドラマでも大活躍で、本当に?オールマイティーに活躍できるメンバーでもある。

 輝かしい活躍がある反面で、SMAPにも不祥事も多々あり、稲垣の交通事故(この年の紅白は辞退)、草なぎの全裸騒動、木村の交通事故など、意外と多いのも事実である。メンバーが複数も逮捕されているのに、そのままメンバーで活躍できるのも国民的アイドルの魅力無しではあり得ない。また、SMAPの不仲説にひとつに木村の結婚(ネットでは不祥事、森の脱退よりもタブー扱いも)があるが、メンバーで結婚しているのは木村だけである(森は脱退後に結婚)。また、余談だが、TOKIOでは山口(現在は離婚)、国分の二人。V6でも井ノ原快彦、そして先日結婚を発表した長野博の2人だけで、半数以上が独身である。ちなみに、木村の結婚では、妻の工藤静香が妊娠していたことに、メリー喜多川が大激怒した話がある。

 ちなみに、SMAP、解散騒動はここ数年の話かと思いきや、実は20年前からあった。ちょうど20年前は1996年、森が脱退した年である。森の脱退でメンバー全員が男泣きした姿に感動を受けた人も多々いたであろう。ちなみに、森が脱退以降は、6人時代の映像も意図的に森が消されている実態もある。なお、森のオートレーサーの養成所の試験は、年齢制限の理由もあるが、ジャニーズ事務所に内緒で受験した事実もある。その後は、稲垣の事故の時に解散の話が浮上。しかし、それでも解散にはならなかった(この時、中居は、「5人だからSMAPです。」と口にしていたが、本心は、「6人だからSMAPです。」と心の中では思っていたと思う)。また、この時、元メンバーの森も非常に心配していた。その後は、ネットでSMAP解散?の情報を見るも、さほど深刻では無さそうかと思いきや、本年1月、SMAP解散か?と、マスコミで大々的に取り上げられた。経緯は、マネージャーとの亀裂が生じたことが原因だったが、幸い、この時は解散には至らなかった。しかし、今年8月に正式に解散を発表。メンバーの過半数が離脱を求めており、特に香取自身は芸能界からも引退をする意向である(他の4人は芸能界で活躍予定。木村はジャニーズ事務所に残留予定。)。なお、解散日となる本日は、木村は家族で海外旅行に、それ以外の4人でお疲れ会?を開催する予定である。また、NHKも紅白歌合戦に呼び掛けるも辞退の方向で、個人的には少し寂しい解散である。

 最後に、SMAP、日本、いや世界を元気にさせた事は立派な事実です。また、SMAPの名曲で励まされた方は大勢いると思います。しかし、実際には見えない所では亀裂があり、SMAPの解散、個人的には非常に残念である。SMAPのメンバー、解散しても個人の活躍はこれからも続くと思います。この5人からもう暗い話題は出て欲しくないです。そして数年後、5人、いや6人で再び揃って欲しいと思うばかりです。



12月31日(土)12:54 | トラックバック(0) | コメント(0) | 社会 | 管理


(1/19ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後